技術紹介

フラットダイス式成形技術、ペレット化事例、ペレットの利用事例をご紹介いたします。

フラットダイス式成形技術

フラットダイス式の特徴

フラットダイス式の特徴

● 対象物を粉砕しながら圧縮成形するため、幅広い材料に対応
● 運転準備が簡単で立ち上げ、立ち下げが短時間で可能
● 単純な機構であるため、メンテナンスが容易
● 安定した成形物(ペレット)を得られる

ペレット化の方法と安全性

● 円盤型ダイス水平押出式(フラットダイス式)
● シンプルな構造なので、取り扱いも簡単
● コンパクトなので色々な場所に導入しやすい
● 幅広い原料に対応するので安定運転
● ユーザー様でメンテナンスができて経済的
● 成形温度が低くて安全

メリットと用途

● 資源化による地球環境への貢献
● 形状の安定、減容による利便性向上
● エネルギー密度の向上による無公害燃焼・効率的熱回収
● 輸送効率向上によるCO2削減

ペレット成形できる原料(例)

RPF(ペレット事例)

搬出される可燃性廃棄物は様々
確かな技術力による可燃性廃棄物の固形燃料化、成形実験を行っています。

バイオマス(ペレット事例)

バイオマスエネルギーの有効利用
木質系廃棄物のペレット化から様々な可燃性廃棄物のペレット化に挑戦しています。

木質ペレット 製造・利用フロー

閉じる